カードローンは金利が安いより毎月の返済額のほうが重要

イザというとき、お金借りるのに便利なカードローンですが、金利が安いから借りた銀行ローンで利息をたくさん払っていたタケシです。(涙)

 

お金借りる金利安い.xyz

そうなんです。「金利が安い」のと「利息が少ない」のは同じじゃないんです!

 

金利安い≠利息少ない

 

ローンでお金を借りると、毎月元金の返済と利息を支払わなければなりません。

 

金利というのは利息を計算するときに、借りているお金に掛ける割合ですよね。

 

だから同じ金額のお金を借りれば、金利が安いほうが利息は少なくなります。

 

なのに利息をたくさん払っていたのは何故?

 

それは、毎月の返済額が少なかったからです。

 

返済額が少ないと借りたお金がなかなか減らないですよね。

 

そうすると、長い期間お金を借り続けることになり、毎月の利息は少しずつ減りはするものの、長く払い続けなければなりません。

 

お金を借りている期間が長くなるほど、支払う利息は積み上がり多くなっていきます。

 

つまり利息を少なくしようと思えば、毎月できるだけ多くの金額を返済して、早く返すべきなんです。

 

金利が安くても、毎月の返済額が少ない場合は、金利が高いローンより多くの利息を払うことになるので注意しましょう。

 

僕のようにね・・・苦笑い。

 

逆に利息を少なくするよりも毎月の負担を少なくしたければ、毎月の返済額が少ないローンを選んだほうがいいです。

 

どっちにしても、カードローンの金利ってそんなに気にしなくてもいいと思います。

 

返済額の違いによる利息の変化のほうが、はるかに影響が大きいからです。

 

安い金利ばかり気にすると、僕みたいに本末転倒なことになりますからね。。

 

もちろん意地でも利息を減らしたいなら、低金利で毎月の返済額も多いローンを選べばいいです。

 

 

お金借りる金利安い.xyz

 

10万円のお金を借りた場合の、金利と返済額と利息の関係を計算しましたので載せておきます。

 

計算は1年365日で毎月の日数が30日として計算しました。

 

実際の金額とは異なりますので、あくまでも参考としてください。

 

金利と返済額と利息の関係

10万円のお金を借りたときに、実質年利(横の行)と毎月の返済額(縦の列)によって、完済までに支払う利息の総額と返済回数を示しています。

 

返済途中での追加借入はないものとします。

 

金利・返済額と支払う利息の関係

(単位:円)

金利→

↓返済額


14.0%

16.0%

18.0%
2千円 49,783
(75回)
4千円 18,617
(30回)
22,076
(31回)
25,811
(32回)
8千円 8,604
(14回)
9,981
(14回)
11,399
(14回)
1万円 6,863
(11回)
7,935
(11回)
9,029
(11回)

・金利は実質年利
・返済額は毎月の支払額

 

消費者金融カードローンの金利は、上限金利が年18%程度で、銀行の場合は、上限金利が年14%〜15%くらいで少し安いです。

 

消費者金融で10万円の借り入れで返済額が2,000円というのはありませんが、銀行の場合はあるんです。

 

表を見て分かるように、年利14%で10万のお金を借りて毎月2,000円しか返済しないと、利息総額は借りたお金の約半分の5万円にもなってしまうのです。

 

僕はこのワナに引っ掛かってしまいました。(涙)

 

支払っても支払っても、利息ばかり支払っているので借入残高が減っていかないんですよね。

 

カードローンの返済金額は、毎月の最低返済額が借入残高によって決まっていますが、商品によってマチマチです。

 

参考までに、大手消費者金融とメガバンクのカードローンの10万円借りた場合の最低返済額を紹介しておきます。

 

カードローンの最低返済額

(単位:円)

  最低返済額
アコム 5,000
プロミス 4,000
モビット 4,000
アイフル 4,000
みずほ銀行 10,000
三井住友銀行 2,000
三菱東京UFJ銀行 2,000(※)

(※)適用金利が年8.1%超の場合
(2017年8月現在)

 

 

特に銀行の場合は口座振替で自動引き落としする場合が多いと思うので、最低返済額以上のお金はあまり支払わないですよね。

 

僕は途中で気が付いたので、少しでも利息を少なくするために、面倒ですが毎月頑張って追加返済するようにしました。

 

金利が安いということだけを見てローンを選んでしまうと、失敗しちゃいます。

 

もちろん銀行には最低でも毎月8千とか1万円以上返済しないといけないカードローンもありますので、そういう商品なら安心ですけどね。

 

 

お金借りる金利安い.xyz

 

また、カードローンの下限金利が安いから選ぶのは意味がありませんので注意しましょう。

 

下限金利は参考にしない

 

カードローンの金利は、実質年利で表示されていて、ある銀行の場合、年2.0%〜14.0%となっています。

 

下限金利(2.0%)から上限金利(14.0%)まで幅のある表示なんですが、利用限度額によって適用される金利は違ってきます。

 

利用限度額は年収によっても異なりますが、最初から大きな金額を借りれるわけではありません。

 

利用限度額は、クレジットカードと同じように利用状況に応じて引き上げてもらえますので、最初はそんなに多くありません。

 

よって最初は上限金利に近い金利が適用されるでしょうから、下限金利はあまり参考にならないです。

 

お金借りる金利安い.xyz